本文へ移動

先輩からのメッセージⅡ

香椎ターミナル支店 プランニンググループ 磯江 信吾

現在の仕事内容

コンテナターミナルで、主に中国や韓国から博多港に入港してくる外航コンテナ船へのコンテナ積付プランの作成と、フォアマン業務と呼ばれる港湾荷役作業の現場での作業全般の指揮・監督業務に従事しています。


入社のきっかけ

知人が当社におり、話を聞いて「こういう仕事があるのか!」と知り、船やコンテナの取り扱いに興味を持ちました。また、その知人が担当していた仕事が、高級輸出車の船積作業のフォアマン業務で、外国人の船員を相手に仕事をしていると聞き、英語を使って外国の人ともコミュニケーションを取りながら仕事をするということに、英語は得意ではありませんでしたが憧れを抱きました。

仕事のやりがい

貿易量の9割以上が船で運ばれる日本にとって、私たちの仕事はいわばその水際、最前線です。その仕事に関わることで、「自分達がいないと貨物が動かない。自分達が人々の生活を支えている」と思えることがやりがいです。
また、船に関わる仕事は誰もが直ぐに出来るものではありませんし、長い歴史もあります。諸先輩方がこれまで築き上げてきた信頼を、自分達が引き継ぎ守りながら、責任感を持って仕事に取り組んでいます。

大変なこと

船は海上荒天による入港遅れや、荷役作業中での予期せぬ事態など色々なトラブルへの対応が大変で、特に外航船は船員と英語を使った交渉となるのでなおさらです。また船のコンデションや貨物の重量、仕向地などもそれぞれに異なるので、それを踏まえた上でベストなプランニングをして船を出港させなければなりません。限られた時間の中で本船、船会社のオーダーをトータルコーディネートしていくことが難しい所です。また社内でも他グループや現場作業職員の色々な意見を取り入れてプランを作成したり、作業がスムーズに行くように調整していくことが大変なところです。逆にそこが腕の見せ所でもあり、同じような作業に見えても毎回違っているというところに面白さがあります。

職場の雰囲気

和気あいあいとした活気のある職場で、色々な人たちとのコミュニケーションが活発です。特にプランニンググループは現場作業職員と関わることも多い部署なので、体育会系の人が多いと思います。また、自分が発信した事に対して話し合える仲間や、意見を尊重し反映してくれる上司の存在が自分自身のやりがいにも繋がっています。

一緒に働きたい人はどんな人?

失敗を恐れずに、積極的に業務に取り組んでくれる人です。なぜなら、人は失敗をしながら業務を覚えて成長していくと思うからです。『恐れていても前進できない』そういう気持ちをもって一緒に成長いける後輩だと、自分自身もより一層仕事に取り組んでいけると思います。

今後の目標

今は一通りの業務が出来る様になりましたが、イレギュラー対応はまだまだ先輩方のようには上手く出来ていないと思うので、これからたくさん経験を積み、経験を活かして行けるように頑張りたいです。

入社を考えている方へのメッセージ

私もそうでしたが、当社は仕事内容が一見分かりにくい業界だと思います。もし興味があれば是非一度職場や現場見学に来てください!実際の雰囲気を見てもらったら、「楽しそう!」と感じてくれると思います。
TOPへ戻る